1. HOME
  2. 企業情報
  3. 行動計画

企業情報

Corporate information

行動計画

Action plan

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって 全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2020年4月1日〜2023年3月31日までの3年間

2.内容

目標1:育児との両立支援制度の充実、周知活動を行う。

<対策>
●2020年4月〜 対象者、上⻑向けの案内リーフレットの作成を行う。
●2020年4月〜 産前産後休業や育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料
免除等の制度について社内報等で社員へ周知、情報提供を行う。

目標2:年次有給休暇の取得率を50%以上にする。

<対策>
●2020年4月〜 年次有給休暇の取得状況を把握する。
●2020年4月〜 計画的な取得に向けて、各部署での取得計画を策定する。
●2020年10月〜 社内報等で有給取得促進を行う。

女性活躍推進法に基づく行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、女性もより一層活躍できる会社となるため、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間

2017年4月1日~2022年3月31日(5年間)

2.当社の課題

  1. 採用者に占める女性比率が3年平均で8%と少ない。
  2. 管理職に占める女性の割合0%である。
  3. 子の出生のある男性社員はいるものの、育児休暇を取得する男性社員0名。

3.目標と取組内容

目標1:採用者に占める女性比率を5年間平均15%以上を目指す。

<対策>
●2017年4月~ ・採用過程において、女性先輩社員との座談会を設ける。
●2018年4月〜 ・管理職向けのダイバーシティ研修を実施。
・採用担当者を女性社員とし、女性応募者を増やす。
・管理職へ早期チャレンジが出来る人事制度へ見直す。

目標2:育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境を整備する。

<対策>
●2017年4月~ ・対象者と面談し、就業規則や制度を分かりやすく説明する。
・出産、育児に関する諸制度をまとめたパンフレットを作成する。
●2018年4月〜 ・管理職向けのダイバーシティ研修を実施。

男女の平均継続勤務年数の差異(2021年3月1日現在)

(単位:年)
区分 男性 女性
人数 年数 人数 年数
社員 136 11.4 16 8.4
パートナーA 16 8.4 1 7.0
パートナーB・F 4 37.0 0 0 継続再雇用
パート 6 9.5 104 10.9
アルバイト 8 25.4 14 21.1 65歳以上